寿泉寺いずみ幼稚園

ちょっといい話み〜つけた♡

  

 

 

 

 

 

 

 

 

    

寿泉寺いずみ幼稚園

     

いずみ幼稚園のインデックスへ

もどります。

 

 

 


 

 

一覧(令和3年度)

タイトルの横の←このボタンをクリックしてください。

 

 

タイトル

・野菜・豆・芋・海藻・きのこ

・みんなも先生

・遠足の日は雨かもしれない、どうしよう?

・しっかり見ているんだなぁ

・お友達と頑張って、苦手なものにも挑戦

子どもの遊びは無限大

 

 

 


 

 

 

      

 

・野菜・豆・芋・海藻・きのこ

年中組になると、自分たちが口にする食べ物に

興味が出てきました。

“この食材は何の仲間なのか” “食べると体の何になるのか”

そんな話をしながら食事をしています。

ある日、給食に初めて《こんぶ》が出ました。

「《こんぶ》は何なのかな・・・?」

子どもたちのディベートが始まりました。

「緑だから野菜」「海の中にあるから野菜じゃない」

「葉っぱみたいだから野菜」・・・いろいろな意見が出ていました。

これからも、子どもたちの“何かな?”“なぜだろう?”を

大切にしていきたいです。

一覧へもどります。

 

 

 

・みんなも先生

発表会のお遊戯の練習中、

子どもたちの前でお手本になるように踊っていましたが、

振付を間違えてしまいました。

その時に、子どもたちが「ここは、こうだよ。」と教えてくれ、

先生の先生になってくれました。

一覧へもどります。

 

 

 

・遠足の日は雨かもしれない、どうしよう?

Nちゃんが、(明日の遠足は雨だとお母さんから聞き、)

「雨で髪が濡れてしまうからどうしたらいいかな?」と

Tちゃん、Yちゃんに相談していました。

Tちゃんは、「傘を持って行ったらいいよ!」と言いましたが、

Yちゃんが、「遠足には傘を持って行けないよ。」と言い、

Nちゃんが、「てるてるぼうずを作ればいいよ!」と提案し、

3人は、「家に帰っててるてるぼうずを作ろう!」と

約束していました。

遠足を心待ちにしている3人がほほえましかったです。

一覧へもどります。

 

 

 

・しっかり見ているんだなぁ

戸外遊びをしていたある日、

女の子たちが一列に並んで整列していました。

近づいてみると、「ちゃんとトントン前(前へ倣え)して〜!」と

一人の女の子が先生役になり、【先生ごっこ】をしていました。

「前見てね!」「まっすぐね。」と先生の真似をしていて、

子どもたちは先生のことをしっかり見ているのだなぁと感じました。

一覧へもどります。

 

 

 

・お友達と頑張って、苦手なものにも挑戦

苦手なものがあるとなかなかお弁当を食べ進めることが

できないR君に、保育者が、

「好きなもの、苦手なもの、って順番に食べるといいよ。」と

声をかけていました。

そんな様子を他の子どもたちが見ていて、

しばらく後のお弁当の時間、R君に、

「唐揚げ食べたら、ピーマン食べてみようよ。」と

声をかけていました。

そんな様子が微笑ましく、

お友達からの声かけで、R君は、苦手なものにも挑戦していました😊

一覧へもどります。

 

 

 

子どもの遊びは無限大

積み木を並べて線路を作っていたK君、

その横で遊んでいたY君が、積み木を2つ積み上げて電車を作って

K君の線路の上を走らせました。

K君と、Y君が順番に積み木の電車を走らせて遊んでいると

少し離れたところで遊んでいたH君が別の積み木を持ってきて

線路の途中でトンネルを作りました。

3人は大喜びで、電車を3つ作って遊んでいました。

その後は、踏切を手で表現したり、電車をつなげたりと

遊びがどんどん広がっていきました。

子どもの遊びは無限大ですね。

一覧へもどります。

      

 

このページの先頭へ

もどります。

 

 

 

 

 

 

   

    

 

 

このページの先頭へ

もどります。

 

 

 

    

寿泉寺いずみ幼稚園

     

いずみ幼稚園のインデックスへ

もどります。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2015 学)寿泉寺学園 All Rights Reserved.